髪の毛の基本

薄毛になる原因は様々で
薄毛の原因によって育毛剤を変えることが大事ですが、
育毛剤を選ぶ前に育毛剤を使うとなると
少なからず髪の毛に何らかの影響が出ます。

ですので、髪の毛がどのようになって出来ているか
最低限の知識を持っておく必要があり、
髪の毛の仕組みを知ることで
薄毛対策のヒントが得られる場合があります。

そもそも髪の毛はケラチンというたんぱく質が成分となっていますが、
このたんぱく質を構成しているのはアミノ酸ですが、
その種類は18種類に上り様々な成分から成り立っています。

 

そして、これらの成分は主に
食べ物や飲み物から吸収されるようになっているので
髪の毛と食べ物や飲み物との関係性が強いことが分かります。

 

また、髪の毛は単一の構造で出来ているかのようにも見えますが、
実際には毛管部や毛根などに分かれており、
毛管部一つ取ってみてもキューティクルやコルテックスなどの成分から
出来ているなど複雑な作りとなっているのが特徴です。

 

この髪の毛を構成している成分のどれかに不具合が起こってしまうと、
正常な髪の毛が作られなくなり薄毛の原因となってくるのですが、
この髪の毛を構成している成分のバランスが崩れる原因としては
男性ホルモンや食事、ストレスなどが大きく関わっています。

 

何らかの原因で崩れてしまったバランスを正常にすることを目的に
育毛剤が使用されることになるのですが、
当然ながらバランスが崩れた原因によって使用して
効果が得られる育毛剤の種類が変わってきます。