薬の副作用と抜け毛

薬の副作用で薄毛になるというケースは非常に多いのですが
特に知られているのが抗がん剤による副作用で、
がん細胞を破壊するための抗がん剤も正常な細胞とがん細胞を分けて攻撃することは難しく、
正常な髪の毛の細胞まで壊してしまうことから薄毛になってしまいます。

薬の副作用による薄毛は一時的な場合がほとんどですが、
長期間の間髪の毛に悪い薬を摂取し続けることで
髪の毛の生成機能が完全に壊れてしまい、
永久的に髪の毛が生えなくなるケースもあります。

また、薬の副作用で脱毛したものの完全に機能が失っていない場合は
再び髪の毛が生えてくるようになりますが、
髪の毛のダメージが大きいことが多く、
完全に以前の髪量に戻るためには数年の時間を費やすのが普通です。

 

また、長い人では10年以上かけて以前の髪量に戻るという人もいますが、
症状に合わせた育毛剤を使用することで
髪の毛の生成を促進してくれたり余分な抜け毛を防止してくれる場合もあるので、
髪の毛の状態を早く戻したい場合は育毛剤の使用を検討すると良いでしょう。

 

育毛剤の中には、このような薬の副作用による
脱毛を抑える働きをしてくれるタイプの物もあり、
この育毛剤を使うことで完全に髪の毛が無くなるまでの時間を延ばしたり、
脱毛が防げる場合があります。

 

ただし、高価なタイプの物も多く、
確かな効果が得られるかの確証が無いため安易に利用するのは危険で、
抜け毛の原因となっている薬を処方している病院や薬局で
事前に相談してから利用を考えるようにしましょう。