ストレスと髪の毛

薄毛の原因は様々ですが、近年特に増えている原因とされているのがストレスとされており
中年男性のホルモン作用による薄毛と多少メカニズムは似ているものの
本質的な原因は違うためストレスによる薄毛はストレスを根本的に改善して行く必要があるものの、
育毛剤にはストレスが原因による薄毛に対しての効果があるタイプの物もあります。

 

ストレスが溜まると髪の毛だけではなく、
身体のあらゆるところに症状が出てきますが、
貯まったストレスによって血流の流れが鈍くなり、
髪の毛が生えている頭部にかけて血流循環が悪くなってしまうことで
髪の毛の主成分が行き届かなくなり薄毛になるというものです。

 

また、ストレスによって引き起こされる血流循環の悪化以外にも
間接的な要素で髪の毛にダメージを与える場合もありますが、
特にストレスが溜まってしまうと日常生活に大きな支障を来すこともしばしばで
睡眠不足や生活リズムの変化などによって髪の毛に大きなダメージを与えてしまう場合があります。

 

そのため、育毛剤の中には
このような生活リズムの乱れからくる薄毛に対して効果があるものもありますが、
ストレスが原因なのかそれともホルモンバランスの崩れが原因なのかによって
利用する育毛剤は変わってくるので、
原因をきちんと調べた上で育毛剤を選んでいく必要があります。

 

また、普段からストレスを溜めないように
自分なりにリフレッシュする方法を探すということも
薄毛対策の一つと言うことが出来るでしょう。