症状に合わせた育毛剤選び

育毛剤を選ぶ大前提として必ず薄毛の種類に応じた育毛剤を選ぶということですが、
薄毛の症状によって必要な対処が変わってくるので、
当然ながら使用する育毛剤もそれに対応したものの使用でなくてはなりません。

 

一般的に育毛剤の処方で多い抜け毛に対しては頭皮の血流が悪くなって起こることが多いので、
血流の流れを良くする成分が入っている育毛剤を使用することになりますが、
この理由による薄毛は前頭よりも後頭にその症状が顕著となるので、
医薬品でもあるミノキシジルなどが効果的となっています。

また、中年男性に多い後頭だけではなく
生え際に薄毛の兆候がある場合は男性ホルモンによるものなので、
男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤が効果を発揮することになりますが、
これ以外の物を選んでしまうと全く効果が得られないので注意が必要です。

女性にも多い毛が細くなると言った症状ですが、
毛が細くなることで髪の毛のボリュームの低下や
前頭部の薄毛が顕著になることがありますが、
この場合は髪の毛に必要な栄養が行き届いていないことが考えられるので
髪の毛に成分を与えるタイプの育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

また、育毛剤をこれから選んでいくにあたって、
発毛を目的とするのか脱毛を目的とするのか、
それとも両方を目的とするのかで選ぶ育毛剤は変わってくるので
自分がどのように薄毛を改善させていきたいか
事前にしっかりと明確にしておいた上で
自分に合った育毛剤選びを進めていきましょう。