育毛剤の副作用

薬を処方することで副作用が働き、
その副作用によって薄毛になるという話しはよく聞きますが、
育毛剤を使用することで思わぬ副作用の症状が出る場合もあるので、
このような症状が出た場合は直ちに処方を辞めて、
薬を処方してもらった病院やクリニック、薬局に相談しに行きましょう。

特に、効果が高いと言われている医薬品の育毛剤の中に
フィナステリドとミノキシジルがありますが、
これらは副作用現象が確認されており、
特に胃に不快感をもたらす副作用が多く確認されています。

 

他にも血圧の低い人が使用する場合は危険性が高くなるとされています。

 

また、医薬部外品の育毛剤に関しては
医薬品の育毛剤ほど体に刺激のある成分が使われていないことから
育毛剤を使用することで起こりうる副作用の影響は小さいとされています。

 

ただ、アレルギーなどを持っている人は
症状が重たくなる場合もあるので使用する前は、
使用上の注意を確認しておきましょう。

 

また、育毛剤に限ったことではありませんが、
使用上の注意に書かれていなくても体調が優れない場合や妊娠している場合、
他に薬を処方している場合などは育毛剤の使用によって体に異変を来す場合があるので、
関係機関に事前に相談しておくか使用を控えるようにしましょう。

 

育毛剤に多い塗り薬ですが、
塗り薬に関してもどれだけ皮膚に優しい成分が使われていても
皮膚に合わない場合もあるので
使用していて赤みや痒みが出たら直ちに利用を辞めて病院で見てもらうようにしましょう。