育毛剤の歴史

薄毛の悩みというと、身だしなみを気にするようになった
20世紀頃からだと思われている人も多いかと思いますが、
育毛剤の歴史は数千年前とされており、
薄毛に対する悩みは今に始まったことではないと分かります。

 

歴史の教科書を見てみると分かるのですが、
掲載されている偉人の髪型が時代によって大きく異なっているのが特徴で、
時代の流行に合わせた髪型が取り入れられてきましたが、
基本的に髪の毛は長い人が多くなっています。

 

そのため、古くから育毛剤は存在していたわけですが、
現在ほどの技術も無かったため
その効用ははっきりと現れるものではなかったと推測できる反面で、
現在ほどの生活習慣の乱れは無かったと思われるので
現在より薄毛の進行率も低かったと思われます。

現在では医療技術や製薬技術の急速な進歩に伴って
数多くの育毛剤が作られていますが、
育毛剤は薄毛の原因に合わせて作られたり、
男女の体の作りの違いを考慮されて作られた育毛剤など様々です。

これから育毛剤を選ぼうと思っている人から見れば
選択肢が増えてよいのですが、
販売している側は熾烈な顧客獲得争いとなっています。

 

ですが、これだけ医学が進歩しても
髪の毛を必ず生えさせるということに関しては限界があり、
現在の医療では育毛をサポートしたり脱毛を抑えたり、
髪の毛を丈夫にするなどが限界となっています。

今後、医療がさらに進化をすることで
どんどん新しい育毛剤が出てくると思いますが、
0から髪の毛を作ることができる未来もそう遠くないとされています。