ホルモン抑制

特に男性の中高年期によく見られる
薄毛のパターンの要因となっているのが
男性ホルモンによる薄毛です。

 

育毛剤には男性ホルモンの働きを
コントロールすることで育毛を促進しているタイプのものがあり、
男性ホルモン抑制効果があるという名目で育毛剤が売られています。

髪の毛に悪影響を与えているとされている
ジヒドロテストステロンという成分を抑制させることが
育毛剤の本来の目的となっているため、
男性ホルモンそのものを抑制するわけではありません。

このジヒドロテストステロンが髪の毛の生成に影響を与えるということは
昔からよく知られていることでもあるのですが、この成分だけを抑制するのは難しく、
育毛剤を使用しても副作用が出たり、体の調子が悪くなったりする場合もありました。

 

しかし、最近では男性ホルモンの中でも
髪の毛に悪影響を与える物質にピンポイントで
育毛剤の効果が出るようになったことから
多くの人に利用されています。

 

ホルモンを抑制すると言った働きをすることから
ホルモン抑制用の育毛剤の金額は高価である場合が多いことから、
簡単に購入できるような育毛剤ではなかったのですが、
最近では安価で購入できる育毛剤も増えてきているので
以前に比べると使用しやすい環境が整ってきたと言えます。

 

ただし、ホルモン抑制型の育毛剤は
体の内部を変化させるので不用意に安物を使用するのは危険で、
金額は安いに越したことはありませんが、
信頼性や安全性がしっかりと確認されているものを選んで使用するようにしましょう。