女性と男性の育毛剤

脱毛や薄毛は性別によらず誰にでも起こりうる現象ですが、
男性の髪の毛が薄くなる要因としては
男性ホルモンの働きによって起こる場合が多く、
遺伝も大きく影響されていると言われています。

 

一方で女性の場合は老化をはじめ生活習慣の乱れや
出産などによるホルモンバランスの崩れによって薄毛になるケースが多いので
男性と女性の育毛剤の種類は違うものとなっており、
症状によって育毛剤を選択するようになっています。

 

薄毛になる場合に前の方から薄毛になる場合は、
ホルモンの働きによるケースが多くなっており、
頭の天辺から薄毛になる場合は生活習慣や老化によるものだとされています。

女性の場合は年齢を重ねることによる薄毛の場合が多いので
基本的に薄毛が始まるのは頭の天辺部分からとなっており、
男性の場合は老化による薄毛が始まる前に
ホルモンバランスの崩れから薄毛がはじまる場合が多くなっているので
頭の前部分から薄毛がはじまるケースが多くなっています。

そのため、男性ホルモンを抑制する育毛剤を女性が処方しても効果は無く、
女性ホルモンのバランスによって薄毛になった女性の場合は、
男性ホルモンを抑制する育毛剤ではなく
女性ホルモンを安定させる育毛剤を摂取する必要があります。

老化によって生じた薄毛の場合や
生活習慣が乱れたことによって生じた薄毛の場合は
男女共通の育毛剤が使用される場合があり、
薄毛の原因によって男女が使う育毛剤は変わってくるので
育毛剤を選ぶ場合には気を付けましょう。